体験者の声

私たちオーストラリアに住みます!

Q.英語を習わせたいと思ったのは、 いつ頃、どんなきっかけですか? 英語を習わせたいと思ったのは、いつ頃、どんなきっかけですか?

私も主人も英語は学校の授業で習っただけで英語を専門に学んだことはなく、話すのも苦手です。だから子ども達には話せるようになってほしいと思い、2人が幼稚園の年中になった時、英語を始めようと思いました。

Q.イソップクラブのことは、いつ、どうやって知りましたか?

2人は幼稚園の課外授業で英語を習い始め、年中の引っ越しを機に新居の近くで英会話教室を探しました。
その時、イソップクラブの広告を見て近くに教室があることを知りました。

Q.多くの英会話教室の中からイソップクラブをお選びいただいた理由を教えてもらえますか?

「うちの教室に来れば話せるようになりますよ」という英会話教室がたくさんある中、私と初めて話したイソップクラブの校長先生は「イソップクラブに来るだけでは話せるようにはなりません。イソップクラブの教材を使ってお家でも練習を続けてくれれば話せるようになります」と正直にお話しして下さったので、信頼できると思い2人を通わせようと決心しました。

Q.今までイソップクラブで学んできたご感想はいかがですか?

今回主人のメルボルンへの転勤が決まり、娘たちを連れ一緒に移り住むかどうか悩んだ末、1年だけオーストラリアに住むことを決めたのですが、移住の前に夏休みを利用してオーストラリアに短期間行ったとき、怖がらずに現地の人たちと笑顔で話すことができているのを見て、イソップクラブでは英語を話すだけでなく、コミュニケーションの大切さ、相手の話を聞こうという姿勢が自然に学べていたのだと実感しました。楽しいレッスンを受けながらこのような力を身に付けさせて下さったイソップクラブの先生方に感謝しています。

Q.お二人に事前の短期旅行に行った時のエピソードを話してもらいました。

私たちがオーストラリアのレストランで食事をしていると、おばあさんが「双子?」と声をかけてきました。話を聞いているとおばあさんの孫も双子だそうで、そして「Are you twelve years old?」と二人の年齢を当てたのです。と言うのはお孫さんも同じ12才だったからで、そして「どちらがお姉ちゃんなの?」と聞かれ、七鈴が手をあげて”Just 1 minute”と言うと、おばあさんは驚いた顔で、「孫も同じよ!」と言い、私たちもびっくりしました。
国が違っても同じところがたくさんあるのだなぁと感じ、嬉しく、そしてホッとしました。