レッスンについて

力だめしチェック(ジュニアクラスのみ)

イソップクラブ独自のもので、定期的に生徒の習得度を生徒自身やご家族にご報告する為のものです。
(1)リアルロールプレイ (2)Q&Aチェック (3)リスニングチェック
(4)ライティングチェック

全て習った範囲からの出題です。

  • 先生と生徒が1対1で行い、今まで特に難しかった「自由に英語を話す・自由に英語を話す練習をする」という分野をイソップクラブが具現化したものです。
    テキストのイメージ会話の状況を小道具などを使い再現し、その状況の中で生徒が今まで蓄積してきた英語力を駆使し、自由に会話するというものです。
  • テキストのQ&Aの範囲を先生が質問し生徒が答えます。
    きちんとインプットされているかを確認する目的です。
  • テキストの全ての範囲から出題されます。
    出題形式は、ほとんどの問題が児童英検テストの出題形式に従って作られています。
    ネイティブスピーカーの英語を聞き取る事が出来ているか、レッスンで練習してきた事が習得出来ているかを確認する目的です。
  • 英語の文字を読む事が出来ているかを試すものです。
    イソップクラブでは英語と状況を結びつける事が第一段階と考えていますが、子どもの年齢が低い段階から英語の文字を指差ししながら英語を聞く事を推奨しています。
    それは、まず、状況をイメージし言葉と意味を結びつける事が出来ると、文字を指差す事も音を正確に捉える為に相乗効果を生むからです。
    年齢が低い生徒には読めているかを試すのではなく、英語の音と文字を繋げる事を意識させる目的です。